仮想通貨14種類1000円ずつ買った1ヶ月後の損益は?
Ledger Nano S(レジャーナノエス)

2017年12月11日に仮想通貨を始めました。

何をどれくらい買ったら良いか分からなかったので、全部1000円ずつ買ってみたんです。

仮想通貨は急騰急落を繰り返しているイメージ強いですが、意外と全体では上下動が少なく、安定した増え方をすることが分かってきました。

この1ヶ月の間に、値動きが激しいビットコイン(BTC)やリップル(XRP)に翻弄された人が多かった年末年始ですが、全部買いした僕達にとってはけっこう安心感のある市場になったなあという印象です。

「僕達」っていうのは、僕と妻と両親ですw

1.仮想通貨ランキング

僕は2017年の12月11日に、日本の大手仮想通貨取引所で買える14種類全部をそれぞれ1000円で買いました。

2018年1月10日で1ヶ月です。

↓保有1ヶ月の価格ランキング

  1. リップル(XRP) 7648円
  2. オーガー(REP) 3214円
  3. リスク(LSK) 3184円
  4. ネム(XEM) 2994円
  5. イーサリアム(ETH) 2786円
  6. ファクトム(FCT) 2710円
  7. ジーキャッシュ(ZEC) 2066円
  8. ビットコインキャッシュ(BCH) 1806円
  9. モネロ(XMR) 1503円
  10. ダッシュ(DASH) 1435円
  11. ライトコイン(LTC) 1427円
  12. イーサクラシック(ETC) 1373円
  13. ビットコイン(BTC) 865円
  14. モナコイン(MONA) 472円

ビットコインとモナコインだけマイナスですが、他で大きくプラスなのでトータルは2.4倍になってます。

1ヶ月で240%って多分今後はそう無いだろうと思いますが、月のトータルがマイナスになるっていうのはちょっと想像できません。

ちょうどタイミングが良かったのか、購入した12月11日から10日間はほとんど下落すること無く価格が上昇し続けました。

気を良くして自分の妻や両親にも「仮想通貨14種類全部同じ額だけ買ったら凄い増えるよ〜」と勧めました。

みんな僕の持ってる仮想通貨の総資産が日に日に増えていき、10日めに約2倍になったのを見て買いたくなったようです。

しかし、家族が買った途端に急落しました。

2.各銘柄と総資産の推移

各仮想通貨と総資産の各1000円・合計14,400円で買ってから1ヶ月間の推移です。

↓各仮想通貨の価格推移
kasoutuuka-suii-1kagetu

リップル(XRP)が突出しすぎててちょっと下が詰まってしまって見にくいですが、購入額の1000円を下回っているのはビットコイン(BTC)とモナコイン(MONA)だけなのが分かります。
 

↓総資産の推移
kasoutuuka-sousisann-1kagetu

総資産は10日間ずっと上がり続けてたのに、妻が買った途端に急落があり、総資産が半分近くまで減ったんですよ。

本当にえっ!?て思いましたね。

まさかと。

取引所はcoincheckとbitflyerに分けてますが、総資産の確認はBlockfolioっていうiPhoneアプリでしてます。

家族には総資産見ないように言いたかったですね^^;

父親に「けっこう下がってるな〜」って言われちょっと焦りました。

ですが、もし下がってもガチホするように言っていたので、下がっても気にせずみんな持ち続けたんです。

そしたら徐々に値を上げて、急落前の水準を大きく超えました。

嬉しいというよりホッとしましたね。

やっぱりいくら身内とはいっても、「言ったとおりに買ったら損した」と思われるのは嫌です。

何とか最悪な展開は避けられました。

3.今後仮想通貨をどうしていくか

今後はしばらく様子見て、大きなお金が入ったら買い増ししようと思ってます。

でも、方針がまだ決まってません。

同じ日本円の額だけ増やす
同じ数量の割合だけ増やす

のどちらかですね。

もう少し考えて決めます。

ところで、仮想通貨は日本国内の大手取引所であるcoincheckとbitflyerで買える種類は14種類ですが、世界中の仮想通貨は無名なコインも含めると1300種類以上あります。

全てを買うのは無理ですね。

しかし、それぞれの仮想通貨の時価総額を参考に上位のものをまんべんなく買い揃えることで、かなり低リスクでハイリターンな投資ができるんじゃないかと考えてます。

今後バイナンス(Binance)で買える仮想通貨のうち、時価総額上位50に入るやつを1000円ずつ買おうと思ってます。

既に日本の大手取引所に上場している14種類以外のアルトコインですね。

より夢があると思いますねw
 


 
以上、今回は2017年12月11日に買った14種類の仮想通貨の1ヶ月後の損益や総資産の推移等を公開しました。

巷ではリップル(XRP)はもうダメとか、リスク(LSK)がこれから来るなどという情報が出たりしてますが、基本ガチホが良いと思います。

どれがいきなり吹くか分からないので。

ビットコイン(BTC)やモナコイン(MONA)だって将来的にはまだまだ伸びるんじゃないかと個人的には思ってます。

これから始めるっていう人は、この記事を参考に、リスク分散して挑戦してみると良いですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

仮想通貨取引をする際の注意点 仮想通貨は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。 つまり、値動きをコントロールしていないのです。 仮想通貨はあくまでネット上でやりとりされる「電子データ」です。 価格が変動が大きいという特徴があり、急落したり場合によっては価値がゼロになってしまうことも。 大きく損をする可能性があります。 仮想通貨の取引を行う場合は、取引内容をよく理解して自分の判断で行いましょう。 「必ず上がる」「今買わないと手遅れになる」などの言葉に左右されず、理解が難しい場合は取引士ないことをおすすめします。 誰も知らないコインへの透視を勧める詐欺や悪質商法にも注意してください。 また、レバレッジ取引を行う場合には、手元資金を大きく損なう可能性があるので注意しましょう。