リップル(XRP)が3週間で10倍に!ガチホルダーは増資しにくい
Ledger Nano S(レジャーナノエス)

仮想通貨リップル(XRP)が2018年に入っても勢い止まらず上がり続けてます。

もはや他のコインとは異次元の上がり方ですね。

コレを受けて巷では憶測でいろんなことが言われています。

市場全体のユーザー数が今後爆発的に増えて、リップル保有者数がますます加速、ビットコインを凌駕する伸びをしながら現保有者の多くが億万長者になるのでは?などと・・・

そんな夢を見てしまうほどの値上がり方をしてるので推移を見てみたいと思います。

1.リップル(XRP)は2017年12月時点で29円だった

僕が仮想通貨を買ったのは2017年12月11日でした。

全部1000円で買ったんです。

仮想通貨は日本の仮想通貨取引所で500円くらいから買えます。

例えばビットコインは20188年1月4日現在1ビット169万円です。

ですが、0.00055ビット買うことで約930円で買えるんですよ。

そんな感じで、大手取引所のcoincheckで買える13種類と、bitflyerで買えるモナコインの合計14種類を全部1000円ずつ買いました。

トータル14400円の投資ですね。

大したことないですよね^^

との時のリップル(XRP)のレートは29円でした。

当時は仮想通貨に関する知識はほとんどゼロに近い状態だったので、このレート自体に何も感じてませんでした。

今考えるととんでもなく安いですね^^;

2.リップル(XRP)だけが安定して上がり続けた

仮想通貨を買ってから10日間くらいはモナコイン以外は全部順調に値上がっていきました。

最初はどれもそれほど伸び方は同じ感じでしたが、ビットコインは比較的激しく値動きしてましたね。

そんななか、2017年12月22日にめちゃくちゃな大暴落が起きたんです。

総資産で3万円に達していましたが、一気に16000円まで下がりました。

ビットコインの下がり方が特にすごかったです。

レートが200万円超えたくらいからいきなり下がり続け、130万円くらいまで垂直落下するように落ちていったんですよ。

少額投資の僕でもかなり怖かったですから、たくさん持ってる人は総資産が数百万円単位でどんどん下がる状態をどんなふうに見ていたんでしょうか?

購入額を下回らなければ手放すことは無いでしょうが、流石に資産が1日で半分になるっていうのはどんなに大金持ちでも恐怖でしょうね。

そんな中、リップル(XRP)は一時的に下げたものの、すぐ回復して下落前よりも上がったんです。

僕の保有数で言うと、1000円からどんどん上がり3899円で一度ピークを迎えました。

12月22日に2978円まで下げたんですが、すぐ回復して25日には3658円、12月29日には4882円と言うふうに、伸び方はむしろ加速していったんですよ。

頼もしかったですね。

3.リップル(XRP)は2018年1月4日時点で311円

リップル(XRP)は激しい伸び方をしながら年を超えて、2018年1月4日時点でレートは311円になってます。

僕は35リップル持ってるので、現在10894円になってますね。

24日間(約3週間)で10倍です^^;

もし14000円全額リップル買ってたら14万円になってるっていうことですね。

もし100万円なら1000万円に・・・

今後どうなっていくのかほんとに楽しみです。

 


 
以上、今回はリップル(XRP)が3週間で10倍になったという話でした。

今僕が「どの仮想通貨がおすすめですか?」と聞かれたら間違いなくリップル(XRP)だと言いますね。

下がる雰囲気が無いので。

ただ、これまで持ってた人は中々増資しにくいんじゃないでしょうか。

だって少し前には今の1/10で買えたわけですから。

実際僕も増やすっていうのは躊躇します。

もしまた全体がガクッと下がる自体になったらすぐ損失出ちゃいますからね。

夢を持ちながらも冷静に市場を見ながら判断していく必要はありますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

仮想通貨取引をする際の注意点 仮想通貨は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。 つまり、値動きをコントロールしていないのです。 仮想通貨はあくまでネット上でやりとりされる「電子データ」です。 価格が変動が大きいという特徴があり、急落したり場合によっては価値がゼロになってしまうことも。 大きく損をする可能性があります。 仮想通貨の取引を行う場合は、取引内容をよく理解して自分の判断で行いましょう。 「必ず上がる」「今買わないと手遅れになる」などの言葉に左右されず、理解が難しい場合は取引士ないことをおすすめします。 誰も知らないコインへの透視を勧める詐欺や悪質商法にも注意してください。 また、レバレッジ取引を行う場合には、手元資金を大きく損なう可能性があるので注意しましょう。