リップル(XRP)の買い方と売り方は?保存するための外部ウォレットのおすすめも

Ripple-kaikata-banner
Ledger Nano S(レジャーナノエス)

リップルはビットコインをはじめとした仮想通貨の一種です。

通貨としてだけでなくその仕組みにおいて将来的に様々な用途に使える可能性を秘めたコインとしても注目されています。

現在その可能性によって今後大きくシェアを広げるのではないかと言われており、購入方法を知りたいという人が多いです。

この記事ではリップル(XRP)の買い方と売り方、保存するための外部ウォレットのおすすめを紹介しています。

1.リップル(XRP)を購入するのに最適な仮想通貨取引所は?

リップル(XRP)を日本円で購入できる取引所は以下の通りです。

  1. ビットバンク
  2. GMOコイン
  3. DMMBitcoin
  4. Bit Trade(ビットトレード)

以前はコインチェック等多くの取引所が使えましたが、現在は以上の4つですね。

①ビットバンク

bitbank

この中でおすすめなのはビットバンクです。

ビットバンクでは株式やFXの取引と同じように板での取引が可能となっています。

また、手数料も安くなっており、頻繁に買ったり売ったりを繰り返すのに最適な取引所です。

ここで紹介している4つの取引所の中でいちばん手軽にリップル(XRP)を購入することができます。

また、取引手数料が無料というのも大きな魅力ですね。

↓ビットバンクでリップル(XRP)を購入する
bitbank

②GMOコイン

アルトコイン訴求

GMOコインでも日本円でリップル(XRP)が買えます。

GMOコインでも板取引が可能です。

運営が金融サービス大手のGMOインターネットグループということで安心感がありますね。

ウィジェットで仮想通貨の値動きを手軽に確認可能。

扱いやすさは上記ビットバンクと同等だと言われています。

GMOコインでリップル(XRP)を購入する

2.リップル(XRP)の購入方法

リップル(XRP)をビットバンクで購入するには板取引を行うことになります。

株式やFXをやったことがある場合は特に戸惑うこと無く取引できるでしょう。

これまで板取引をやったことがない場合で、いまいち仕組みがわからない場合はあらかじめ本を購入して勉強するか、少額で売買してみて使い方を覚えてから購入すると良いですね。

GMOコインで購入する場合は表示価格での購入となりますので比較的カンタンです。

初心者の場合は長期保有する際にはGMOコインでの購入が良いと思います。

3.リップル(XRP)の売却方法

リップル(XRP)をビットバンクやGMOコイン、ビットトレードで売却するには、板取引になります。

購入と同じように、板取引に慣れている場合は問題なく売買できます。

デイトレのように、価格が上がって下がり加減の時に売るという感覚ですね。

リップル(XRP)を販売所で売るときは、表示価格で売却することになります。

購入価格と比較してどのくらいの利益が出るか把握して売却するようにしましょう。

ある程度の損切りの基準を設けておいて、元手から何パーセント下がったら売る、と決めておくと良いです。

躊躇しているとどんどん下がってしまって損がふくらんでしまう可能性があるので注意してください。

4.リップル(XRP)を保存する方法とおすすめ外部ウォレット

リップル(XRP)は取引所に置きっぱなしてにしている人が多いですが、少額ならそのままで問題ないです。

仮に取引所がハッキングにあってリップル(XRP)が盗まれてしまっても、これまでの例では保管していた仮想通貨はその時点の日本円で保証されています。

ですが計画的に大量に購入した場合は、安全を考えて外部ウォレットに移して持っている人が多くなってきています。

リップル(XRP)保有に最適なウォレットはLedger Nano S(レジャー・ナノ・エス)です。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

高性能かつ省スペース、持ち運び可能で丈夫、取り扱い方法も簡単です。

ハードウェアウォレットはネム(XEM)がTREZORでリップル(XRP)はLeger Nano Sがベスト

2018.02.18
 


 
以上、今回はリップル(XRP)の買い方と売り方、保存に最適な外部ウォレットの紹介でした。

今後が期待されているリップル(XRP)、今のうちにゲットしておきたいところですね。

最後まで見ていただきありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。

では!